上の親知らず2本を抜歯しました

この記事を見ているという事は、私はもう既に全ての親知らずが抜かれた後だという事だろう……

3月に入り、急に春を通り越して初夏の陽気を匂わせている日々が続いたり、だと思いきやまた冬に戻ったりな忙しない季節となりました。

そんな中、自分はと言うと約5年ぶりの歯医者へかかっていました。

知覚過敏の症状が以前から出ていた

話は遡ることちょうど1年前ぐらいになると思います。

2020年の12月頃から、冷たい飲み物を飲むと奥の歯がしみるような痛みが発生するようになってました。

その時には既に知覚過敏だと自覚していたんですが、正直今の場所に引っ越してからはかかりつけの歯医者が無かったので、探すのも面倒で「まあ耐えればいいか……」なんて気楽に思ってました。

そのまま生活する中ですっかりしみる感覚に慣れてしまったのか、そんなに生活の中では不便をしなかったと思います。

本当は駄目です、ちゃんと歯医者に行くべきです。

右上の親知らずが割れた

2022年に入り、いい加減歯医者に行って歯石の除去とかもやってもらわないとなー……なんて思いつつも、面倒でまだ歯医者に行ってなかった時、事件は起きました。

2月に休日出勤をした分の代休を取得して家でゆっくりしていたんですが、歯が割れました

実は数ヶ月前から右上の親知らずの歯茎辺りの歯の部分に、変な溝があるなとは感じていました。

なのでその溝が気になって、最初は歯石かなにかで出来たものだと思いこんでいたのでプラスチック製の爪楊枝でいじってたんですよね。

その日も朝歯を磨いた後に気になって溝の部分を掃除しようと思ってガリガリやっていたら、バキッと……もうびっくりしました。

で、欠けて出てきた物がやたら脆くかんたんに割れるような物体だったので、最初は歯石が取れたのかと思いましたが、違うと気づいたのは割と直後です。

欠けた部分がかなり痛い、というかしみる……

はい、歯の一部が割れたんだなと悟りました。

ここまで来たらもう歯医者に行くのが面倒とか言ってられないです、とにかくその日に受診できる家から近い歯医者を探して、最終的に一番近い歯医者で見てもらうことに。

その結果、右上の親知らずは歯の一部が割れてしまい、反対側の左上の親知らずも虫歯になってました。

中学生以来の抜歯

歯医者で色々と見てもらった結果、既に虫歯になった親知らず2本は抜いた方が良いとの診断結果でした。

というのも、下の親知らずは学生の頃に既に抜いていて、噛み合わせる歯が無かったせいか上の親知らずは他の歯と比べて下に出ていたんですよね。

で、抜いた所で影響も無いし、虫歯を治療する価値はあまり無いとの事だったので、抜歯を勧められました。

まあ、かなり磨きづらい位置にある上に特に未練は無いので、抜歯を受け入れました。

ただ、抜歯はかなり久しぶりなのでちょっと緊張でしたね、実際は1分足らずで抜けたのでなんとも無かったのですが。

どっちかと言うと歯茎に施す麻酔が苦くてそれが嫌でした、ものすごい味がするんですよねあれ。

2本の親知らずは2週間空けてそれぞれを抜歯しました、上の歯がやや寂しい気がします。

麻酔が切れた後に痛みというか不快感があったので、1錠だけ痛み止めを飲んでます。

定期的な歯のメンテナンスは大事

抜歯をしてから当然なんですが、知覚過敏の症状もすっかり収まりました。

と言っても長く症状が出ていたので、冷たいものを飲む時に親知らずに当てない癖がついてしまってるんですけどね……

当たり前の話なんですが、歯医者には定期的に行きましょう

じゃないと自分みたいに痛い思いをします、反面教師にして下さい。

今回で意図せずかかりつけの歯医者が出来たので、今後も定期検診を受けようと思います。

あと本題には全く関係ないんですが、こういった記事のアイキャッチにはいらすとやが本当に便利ですね、何でも揃ってるので。

(抜歯した親知らずはなんとなく貰ったんですが、見た目がちょっとあれなので、ここには写真は載せません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。