2020石川ロングツーリング3日目

3日目です、石川県の和倉温泉からスタートになります。

能越自動車道と北陸自動車道を東へ

石川県から富山県の途中までは無料の能越自動車道を使用し、南へ向かいます。

この途中で石川県と富山県の境目にあるパーキングエリアに寄ってみました。

PAにある県境のしるし

県境の真上にパーキングエリアがあるのって珍しい気がします、少なくともその様な他のパーキングエリアを知りません。

ざっと調べた感じでも県境にパーキングエリア(サービスエリア)があるのはここだけみたいです、レアですね。

能越県境パーキングエリアからの景色、青と緑しかない

このパーキングエリアは能登半島の東側に位置していますが、周りはこの様にとても自然を強調してきます

川崎とは大違いですね、たまにはこういった自然と触れ合うというのも気分転換になってテンション上がっちゃいます。

この後はしばらく進み、一般道に降りてから北陸自動車道に乗り直します。

越中境PAで富山ブラックラーメンを食す

所で富山県と言えば、富山ブラックラーメンが有名ですよね。

北陸自動車道に乗った後、越中境パーキングエリアに寄ったついでに、こじんまりとしたレストランで売っていたので、どうせならと注文してみました。

富山ブラックラーメン、同行者3人がこれを頼んでました

食べた事自体は過去にあるんですが、今回のツーリングで富山県は今の所泊まって通過するだけになってしまうので、それでは寂しいと思って……

味は胡椒が印象に残る醤油ラーメンです、特徴は薄いラーメンですが一度も食べた事が無い方は、是非ご賞味下さい。

新潟県糸魚川市を抜けて長野方面へ南下

北陸自動車道は糸魚川ICで降り、ここからは姫川沿いの国道148号線をひたすら南下します。

新潟県はあっという間に通過ですね、ICを降りた先のセブンイレブンに寄ったので、一応通過だけにはならずに済みました、いやほぼ通過か。

どうでもいい話ですが、てっきり糸魚川市は糸魚川って名前の川が流れているのかと思いきや、別にそういう訳ではなかったんですね。

なので、最初国道148号線沿いの川の名前の標識を見た時に「姫川」と書いてあって、仲間内で頭の中がハテナになってました。

まだまだ知らない事ばかりですね、新潟はまともに観光した覚えが無いので、いずれかは新潟市街地の方まで足を伸ばしてみたいものです。

国道148号線は新潟県糸魚川市から長野県大町市まで続いていますが、途中片側通行や路面状況が悪い箇所が点々とあるので、バイクの場合特にわだちに注意した方が良さげです。

トラックの通行がとにかく多いのが原因だと思いますが、考えてみれば新潟県西部から南下しようと思ったら、この道ぐらいしか無いんですね。

長野道か中央道から北陸自動車道方面に走る道がこの辺りに出来たら、さぞ便利でしょうね。

と思って調べてみたら、やはり同じ考えの様で、現在松本糸魚川連絡道路なる名称の道路を計画・整備しているみたいです。

高速道路では無いのですが、強いて言えばバイパスに近いニュアンスでしょうか?

それでも完成すれば、かなり利便性は良くなると思うので、期待します。

黒部ダムへ向かうが……

そのまま途中道の駅白馬へ寄りつつ、ひたすら南下します。

目的地は長野県西部に位置する扇沢駅ですが、それだけでどこに向かうか分かっちゃいますね。

そう、誰もが一度は聞いたことのある黒部ダムへ向かっています。

黒部ダムは富山県に位置していますが、行く場合は富山県側から行くルートと、長野県側から行くルートの2つに分かれています。

富山県にあるから富山県側から行ったほうが良いと普通は思いますが、何故か逆で長野県側から行く方が良いです。

黒部ダムへ行くには必ず公共交通機関を使用しなければならないのですが、富山県側と長野県側でこの運賃に大きな差があります。

長野県側の場合電気バス1本で行けるのに対して、富山県側からはバス・ロープウェイ・ケーブルカーと乗り継がなくてはならず、当然その方が運賃は高く着きます。

ですが、こういった乗り物が好きな方はあえて富山県側のルートを選択するのもありだと思います。

まあ……そんなお金は無いので、安く済む長野県側から行く手段を取った訳ですが。

石川県から出発してわざわざ大回りをしたのも、これが理由になります。

が……ここでまさかのアクシデント発生

新型コロナの影響で、電気バスの乗車定員を大幅に下げているらしく、チケットは既に朝の8時台には完売していたそうです。

扇沢駅へ向かう峠道を走っていたら、途中大きな駐車場?のあるスペースに誘導されたので何事かと思いましたが、そんな事実を伝えられました……

3日目は黒部ダムを見るだけが目的の日だったので、この後その駐車場の奥に移動して、ただ呆然としていました。

ですが行けないことには変わりませんし、ここでただ時間が経つのを待つのはもったいないので、予定を変更して今日の宿に早めに向かう事としました。

誘導されて説明を受けた後、来年の11月いっぱいまで有効な電気バスの割引券を貰ったので、もう少し落ち着いたらリベンジしてみたいと思います。

駐車場で撮った1枚、空はとても綺麗でした

長野県上田市に到着、夜道が怖かった

3日目の宿は上田の駅前にあるホテルに取っていたので、国道254号線をひたすら東へ進むルートで向かいます。

もうこの時期になると日が早く沈んでしまいますので、途中からは真っ暗な道をひたすら進み続けるという軽い恐怖体験をしました。

街灯がほとんど無いんですよ、だから前を走る車のテールライトを頼りに道を予測して進むんですね。

それでもZ1000のヘッドライトはLEDで明るいので、まだマシだと思いますが。

上田市にあるホテルに着いたのは既に19時を回っていました。

モチモチの木に似ているフォントの看板

今日泊まるホテルは上田温泉ホテル祥園という、上田駅まで徒歩3分圏内の好立地なホテルです。

どちらかと言えば旅館と言った方がしっくりくる内装で、今回は別館に泊まりましたが、かつて美空ひばりが泊まったとも言われている部屋を取ってみました。

金色がまぶしい部屋

金色の装飾が施された一面があったりで、中々自分にとって不釣り合いな部屋です。

ちなみに料金はそこまで高くはありませんでしたので、割と気軽に泊まれます。

今回はGoToトラベルの恩恵もあったので、35%オフ様様ですね。

サマーウォーズで登場するキャラクターのアバター

ちなみにフロントから玄関の間の空間に、映画サマーウォーズのキャラクターが使用するアバターの木彫りが展示してありました。

そう言えば上田市はサマーウォーズの舞台となった場所でしたね、今回は聖地巡礼ではないので周ったりはしませんでしたが……

3日目はここまでですが、4日目はほぼ帰るだけなので、実質今日で旅行はおしまいです。

黒部ダム行きたかったなぁ……

4日目に続く……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です