GSX-S1000GTが気になる件

完全に冬になってしまいました、大学生の頃に初日の出を見に行こうと伊豆の山道を走った際アイスバーンで転んでフロント部分が大破して以降は、冬にバイクには乗らないと決めています。

まあ、山道にでも行かなければ関東なので大丈夫だとは思いますが、トラウマなもので……

所で、スズキから個人的に気になる車両が発表されましたね。

スポーツツアラー「GSX-S1000GT」

これまでの人生の中で、正直な話スズキのバイクにはあまり縁がなかったんですよね。

というのも、スズキ顔とよく言われている特有のフロントデザインがあんまり好きじゃなかったので、自然と他のメーカーのバイクに乗っていた経緯があります。

が……今回秋に発表されたGSX-S1000GTが、個人的にはかなりストライクな見た目だったので、ちょっとというか、かなり気になっているバイクです。

ジャンル的にはスポーツツアラーという事で、Ninjaとかに近いのかな?

海外では既に発売されているみたいですが、日本ではまだですね。

こちらがスズキ公式のリリースページですが、なんと言うかヘッドライトのデザインがかなり好みなんですよね。

SUZUKI公式サイトからの引用です

それにカウル付きのバイクにまだ乗った経験がないので、乗ってみたいという理由もあったりしますが、ツアラータイプのバイクが個人的なバイクの乗り方に合っているのかなぁと思っています。

Z1000で北陸や四国にも行きましたが、そういったロングツーリングをメインに乗っている例が多いので、やはりその用途に適したバイクに乗ってみたいのもあります。

主なスペック

スペックは以下の通りとなります。

全長2,140mm
全幅825mm
全高1,215mm
シート高810mm
ホイールベース1,460mm
装備重量226kg
エンジン型式999cm3水冷4サイクル直列4気筒DOHC
圧縮比12.2:1
最高出力112kW(152PS)/11,000rpm
最大トルク106N・m/9,250rpm
使用燃料ハイオク
燃料タンク容量19.0L
フロントタイヤサイズ120/70ZR17M/C (58W)
リアタイヤサイズ190/50ZR17M/C (73W)
SUZUKI公式サイトより

今乗っているZ1000と比較しても大差はないですが、こちらの方が車体が大柄になり馬力も出ています。

ツアラーらしく燃料タンク容量はZ1000の17Lよりも2L大きいので、より遠くに行けそうですね。

トルクに関してはZ1000の方があるので、こうやって比べてみるとZ1000がいかに加速に割り振っているかがよく分かります。

装備は結構今風な電子制御もりもり

ABSは当然ながら、ドライブモードを選択できるSDMS(スズキドライブモードセレクター)やトラクションコントロール、クイックシフター、更にはツアラーらしくオートクルーズも付いているみたいです。

今乗っているZ1000がABSだけの装備なので、そう考えると雲泥の差ですね。

電子制御の多さでバイクの良さは決まらないと思っていますので、今のZ1000に電子制御での不満は一切ありませんが、これもまた経験として電子制御の凄さを体感してみるのも良いかなと。

メーターも6.5インチのフルカラーTFT液晶らしいです、凄え。

メーターなんてほとんど見ないですが……でもちょっとうれしいですね。

気になる値段は160万円前後?

一番気になる点として、実売価格がいくらになるかなんですが……

色々なサイトを見た感じ160万円前後での予想が多いみたいです、これだけの装備が揃っていて160万なら全然良いと思います。

実際に日本で発売される時にいくらになるかはまだ分かりませんが、これぐらいの価格で出てくれるなら買いたいですね。

来年の公式発表を楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。