人生初のメガネを作りました

今までの人生で視力で困ったことはなかったです、2年前ぐらいまでは……

半分自慢なんですが、それまでは視力は2.0とかなり良い方で、遠い所もはっきりと見えていたのでメガネをかけるなんて想像もしなかったです。

が、ここ数年で会議中のモニターに映される細かい字がぼやけたり夜の運転中に看板の文字が見えづらかったりと、徐々に視力が落ちていきました。

原因は多分ですが、今のエンジニア職に就いて四六時中PCの画面を見る様になったからだと思います。

んで、流石にそろそろメガネを作らないとやばいなぁと思い始めたのが今年ですね。

たまたまアウトレットにJINSがあった

今年に入ってからずっとメガネを作ろうかと考えていたのですが、なんせ今までメガネ屋に行ったこともなく、また日常生活ではさして支障が無かったので、先送りにしてました。

視力も決して落ちきった感じでは無いので、もしメガネを作りに行って「あなたには必要ないですね」なんて言われたらどうしようとか、くっそどうでもいい心配をしていたせいもあります。

が、前回の記事で九十九里浜に行った翌日に木更津の三井アウトレットパークに行った事を書きましたが、中にJINSがあるという事を知り、試しに行ってみるかという流れで初めてのメガネ屋に行く流れとなりました。

いつも行動を共にする元同僚2人もメガネをかけているので、詳しい人も居るしそれなら行ってみるかと気持ちの決心がついた形ですね。

視力検査とフレーム選び

まず、入って最初にやったのは視力検査です。

今自分がどの程度の度数のレンズが必要なのかも分からないので、まずは視力検査を受けてみた感じです。

三井アウトレットパーク木更津は朝の10時から開いてるんですが、10時30分頃にJINSに着いた時には既にかなりのお客さんで賑わっていました、結構皆メガネを買いに来るんですね。

そこで視力検査の順番待ちが必要だったので、店内でディスプレイしてあるフレームを一通り見たり、試着してみたりと暇を潰しました。

30分後ぐらいに呼ばれたので、左右の目の視力を専用の機械で測りましたが、メガネを付けている人あるあるでTwitterに載っていた気球の絵が映し出されていて、「ああ、これかぁ」なんてちょっとした感動を覚えました、言い過ぎか。

その後店員さんからレンズのオプションの話を聞かされましたが、今回はお試しにという意味合いもあったので、ひとまず標準の追加料金が発生しないレンズにしておきました。

初めてのメガネ購入だったので色々と店員さんに質問したんですが、親身に聞いてくれたのでとても良かったです。

フレームを選んで会計を済ませると、約1時間後に出来上がると言われたので、それまでは他の店に行って時間を潰していました。

遠くが鮮明に見えることに感動

視力検査をした際にもそうだったんですが、受け取った眼鏡をかけて周りを見ると、ものすごく鮮明に見えて感動しましたね。

と言うか、数年前までの視力が良かった頃よりも見えていたと思います、いやでもそれは言い過ぎか……

とにかく、作っておいて良かったと思いました、常につける訳ではないですが運転時や会議の際の補助として暫くは運用?するつもりです。

初めてメガネ屋に行ってメガネを作ってみましたが、待ち時間が長いという点以外では何ともなかったです、早く作ってればよかった。

正直な気持ちとしてはメガネに頼らないと駄目になってしまった自分が悔しい気持ちもありますが、落ちてしまった視力は戻らないので、今後の生活のためにも作った事は後悔していないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。